ルイボスティーにもっと早く出会っていれば違ったかも

私はコーヒーを飲めないので、紅茶派ですが、妊活中の為カフェインが気になり、紅茶も出先での食事の時くらいしか最近は飲んでいませんでした。

そんなある日、妊活がなかなか上手くいかずストレスが溜まっていたので「たまにはフレーバーティーでも飲んでリラックスしようかな。」と思い、お茶の専門店に行きました。

恥ずかしながら、そこで初めてルイボスティーと出会いました。

気に入った香りのお茶がちょうどルイボスティーで、カフェインが入っていないことを知り、試飲させてもらって美味しかったので、購入しました。

そして、家に帰ってからルイボスティーのことを調べてみると、女性の身体に嬉しいことがたくさん書いてあり、それからルイボスティーにはまっています。

美肌効果はもちろん嬉しいですが、妊活中の私にとってとびきり嬉しい効果が書いてありました。

もっと早くからこの効果を知ってルイボスティーを飲んでいればよかったと、悔しい気持ちもありますが、これからは毎日香りも楽しみながら飲んでいこうと思っています。

言わなきゃわからないけどハーフは損だ!

後輩から韓国土産に韓国のりを大量にもらった。

旅行ではなく帰省。

パチスロはこの先も規制。

話が逸れた。

後輩は母親が韓国人、父親が日本人のハーフ。

と言うわけでハーフ感は残念ながら0。

合コンで「今日はハーフの子連れて来てる」と言われて、この後輩が来たらまさに「ガッカリだよ!」である。

ウエンツ瑛士系のイケメンハーフなら言う事なしだし、アントニー系の黒人ハーフなら笑いも取れる…が、言わなきゃ分からないハーフは損だ。

そんな後輩とは色々と繋がりがある。

子供の頃に食べに行った焼肉屋は彼の父親がやっていた焼肉屋で、いま彼が髪を切っている床屋は俺が小学生の頃に切っていたトコと同じ…と、運命めいたモノを感じてしまうが。

それから十数年後に、パチ屋で知り合う事になるとは…

その後輩だが、ホールで知り合った当初はジャグラーのシマの主だった。

当時、ハタチそこそこの兄ちゃんが、ジーさんバーさん達を仕切っていた。

しかも「それは3の優秀台だから粘った方がいいよ」とか、「それは5の不調台だからヤメた方がいいよ」といった具合。

なんの根拠があるのか知らないが…と言うよりも、そもそも設定に優秀も不調もないと思うのだが…

まぁ、そんな話はさておき、韓国のり。

もちろんそのまま食べても美味しいのだが、それじゃあつまらないので、簡単に色々作ってみた。

冷蔵庫にあったのはチーズと納豆ときゅうり…

とりあえず納豆ときゅうりを混ぜてソコに韓国のりを投入!

納豆と韓国のり、相性バツグン!

パンとの相性もバッチリ!

次は何作ろうかと、今からワクワクである。

ところでこの後輩くん、韓国のりと一緒に韓国風ジャージャー麺なるモノも買って来てくれた。

パッケージの写真を見ただけで美味そうだ。

明日はこいつを食してみよう。

つっても、作り方全部ハングル語だけどな 笑